旅座「国内・海外を問わず、「NHK文化センターだからこそ」ご案内できる企画・講座を開催しています」

おすすめ海外ツアー

元NHKシルクロード取材班団長中村清次先生と行くシルクロード 中央アジアシリーズ第2弾

おもしろシルクロード

古代パルティア国(中国名、安息国)の大地に、世界最西端の仏教遺跡を訪ねて

~母なる「大河・アムダリヤ」と、「トルクメニスタン」の旅~
ウズベキスタン・トルクメニスタン8日間(5つの世界遺産=イチャンカラ ・クニャウルゲンチ・ニサ遺跡・メルブ遺跡・ブハラ)


<旅行実施要綱>
●旅行期間 :平成29年5月26日(金)~6月2日(金)6泊8日間 
●発着地 :成田空港発着  *地方よりご参加の場合はお気軽にご相談ください。
●旅行代金 :お一人様418,000円(会員・一般)
※ 旅行代金には成田空港施設使用料、現地空港税、燃油特別付加運賃、航空保険料は含まれておりません。
(2016年12月時点の参考価格=合計17,500円)
なお、この金額は航空券発券時の為替レート、燃油価格により変動します。
この料金は最終のご請求書にて一括請求させていただきますので予めご了承下さい。
●最少催行人員 :14名様
●募集締切   :平成29年4月3日(月曜日)
但し、個室希望が多く確保済みの部屋が満室になり次第締め切らせて頂きます。また、お一人様でご参加
の場合、相部屋が確保出来ない時には個室追加料金をご請求させて頂きます。予めご了承下さい。
●添乗員 :成田国際空港より帰国まで1名同行致します。
●利用航空会社  :ウズベキスタン航空(HY)予定 
●食事 :朝食6回、昼食6回、夕食7回*機内食を除く
●利用予定ホテル :各都市 日程表記載のホテルクラス (デラックスクラス)
●個室追加料金  :64,000円(6泊分)

みどころピックアップ
  • サムネール01
  • サムネール02
  • サムネール03

世界最西端の仏教遺跡メルブ遺跡*世界遺産

詳細・お申込はこちら

ニサ遺跡*世界遺産

詳細・お申込はこちら

イチャンカラ *世界遺産

詳細・お申込はこちら

 =旅へのお誘い =

古代パルティア国(中国名、安息国)の大地に、世界最西端の仏教遺跡を訪ねて


国土面積の85%は砂漠―という「トルクメニスタン」は、今久し振りに、エネルギー資源(石油と天然ガス)の採掘と輸出に沸いています。 トルクメニスタンの大地が、世界史の舞台に華ばなしく登場するのは、紀元前250年頃から、ササン朝ペルシアに滅ぼされる、西暦226年まで、パルティア国(安息国)時代のことでした。その全盛期には、西はイラン・メソポタミア、東はアフガニスタン東部、南はインドの一部を支配する一強大国でした。当時の都・ニサの王宮遺宮からは、インドとの交易を示す、美しい象牙の製品が出土。一方、ギリシア・ローマの色濃い影響を物語る、有翼天使像やヴィーナス像も発掘されています。この地は、東西交渉の要衝の地だったのです。 さて、現在の東の大都市、マルイ市。その東30キロ――ヒンズークシ山脈から北へ流れ出る「ムルガフ河」に、「アムダリヤ」から引かれた灌漑用水「カラクム運河」が交わるあたりに、中央アジア最大の「メルブ遺跡」があります。広さは、およそ70平方キロメートル。「東京ドーム」の、およそ1500倍の広さです。そのほぼ中央に、中6m、高さ10mの城壁が、東西・南北のそれぞれ2㎞にわたって、取り囲む遺跡「ブヤウルカウ」があります。その中に西暦一世紀から二世紀のものと思われる、「仏塔」と「僧房」がありました。美しい彩色の壺が出土し、中には、小さな仏像と白樺の皮に書かれた経典が入っていました。ここは、西へ伝えられた仏教の、世界最西端の遺跡だったのです。
思い起こして頂きたい。二世紀の半ば、後漢王朝の第11代皇帝、桓帝の時、都・洛陽に入り、サンスクリットの経典を、初めて、本格的に、中国語に翻訳した、パルティア国(安息)出身の名僧がいました。パルティアの王子の身から出家して、名僧・高僧といわれた安世高です。恐らく、メルブ遺跡は、僧・安世高のゆかりの地だったに違いありません。
 もう一つ、意外なことがあります。トルクメニスタンの首都・アシハバードの近くで、あの汗血馬に最も近い子孫たち、アーカル・テッケ種の競走馬が飼育されていたのです。パルティア国は、馬のひづめに、初めて蹄鉄をつけ、馬上の騎士は、振り向きざまに弓を放ち、「パルティアン・ショット」という戦法をあみ出した騎馬民族国家です。その伝統が、今も残っていたのです。 メルブ遺跡の近く、ムルガブ河の水が砂漠の中に尽きてなくなるあたりで、ムルグリア遺跡群の一つ、紀元前4000年の遺跡ゴヌル宮殿遺跡が発見されました。まさに、四大文明と同じ時代です。何を物語っているのでしょうか。
――――謎の超古代遺跡、一方、今も騎馬民族の伝統が生きる―――知られざる大地、トルクメニスタン。この大地に立って、ここでしか味わえない、「文明の道・歴史の道―シルクロード」! その魅力をたっぷりと、堪能してみたいと思うのです。
 中村清次

中村清次先生

中村清次先生 プロフィール

東京大学文学部西洋史学科卒業後、1962年NHK入局。編成部、番組制作局などを歴任し、1978~81年に「NHK特集‐シルクロード」を担当。 当時この特集番組は大きな反響を呼び、芸術祭優秀賞、菊池寛賞など数々の賞を受賞した。 

2010年春まで福山大学客員教授、聖心女子大学非常勤講師を勤め、現在はNHKカルチャー(シルクロード) 担当講師として活躍中。

おすすめ国内ツアー
みどころピックアップ
  • サムネール01
  • サムネール02
  • サムネール03

会津若松城(鶴ヶ城)

詳細・お申込はこちら

仙台城跡 伊達政宗像

詳細・お申込はこちら

*同行講師より*

伊達政宗の築いた仙台城(青葉城)と蒲生氏郷の築いた会津若松城(鶴ヶ城)、それに二本松城を訪ねます。いずれも、みちのくの名城で、歴史の舞台にもなったところです。歴史の追体験ができるコースをご案内します。          小和田 哲男

(公財)日本城郭協会理事長 小和田哲男先生

(公財)日本城郭協会理事長 小和田哲男先生 プロフィール

1944年静岡市生まれ。静岡大学名誉教授、文学博士 (公財)日本城郭協会理事長

専門は日本中世史、特に戦国時代史で、主著『後北条氏研究』『近江浅井氏の研究』のほか、『小和田哲男著作集』などの研究書の刊行で、戦国時代史研究の第一人者として知られている。NHK大河ドラマ「秀吉」、「功名が辻」、「天地人」、「江~姫たちの戦国~」、2014年「軍師官兵衛」で時代考証をつとめている。
主な著書:『詳細図説 信長記』,『詳細図説 秀吉記』,『詳細図説 家康記』、『歴史ドラマと時代考証』、『名軍師ありて、名将あり』、『黒田如水』、『戦国の城』、『織田信長 天下布武の足跡<共著>』など多数。

おすすめツアー・講座

今回限定の特別講座です。この機会に是非、体感して下さい。

旅座について

「旅座」は、株式会社NHK文化センターがお勧めする国内・海外のツアーや屋外講座を紹介します。一流の講師による多彩な講座をご用意して、あなたの興味や好奇心に応えます。

「旅」学びと体験の、新しいたび

「座」多彩な講師陣と、質・量ともに充実した講座。

目的で選ぶ
現地講座

一流の講師による多彩な講座をご用意して、あなたの興味や好奇心に応えます。

メルマガ会員登録

お得な情報満載のメルマガ登録はこちら

新規登録

会員登録情報の変更等はこちら

ID

パスワード

最新のツアー・講座情報
  • 2017/02/07
    2017年春からの旅座ツアーを掲載開始しました。 今シーズンも魅力的な講師と楽しく、また興味深いツアーが目白押しです。 是非ご参加下さい~

このページの先頭へ戻る