旅座トップ > ツアー詳細

ツアー詳細

  • おすすめ海外ツアー
  • インド

元NHKシルクロード取材班団長中村清次先生と行くシルクロードシリーズ2020
おもしろシルクロード

知られざる大地・南インドに謎の巨大遺跡と仏教中興の祖・龍樹の故郷を訪ねて

南インド8日間(ハイデラバードにナーガールジュナコンダ遺跡を、ナグプールにマンセル遺跡を、ニューデリーにインド一の美しい仏像を求めて)

◎旅行条件<募集要項>
★旅行代金:おひとり様 428,000円(NHK文化センター会員・一般)
※ 旅行代金には成田空港施設使用料、現地空港税、燃油特別付加運賃、航空保険料は含まれておりません。
(2019年7月時点の参考価格=合計17,800円) 
なお、この金額は航空券発券時の為替レート、燃油価格により変動します。 
この料金は最終のご請求書にて一括請求させていただきますので予めご了承下さい。

★最少催行人員 :15名様  
★募集締切 :2020年1月10日(金曜日)
但し、個室希望が多く確保済みの部屋が満室になり次第締め切らせて頂きます。また、お一人様でご参加の場合、相部屋が確保出来ない時には個室追加料金をご請求させて頂きます。予めご了承下さい。
★添乗員 :成田国際空港より帰国まで1名同行致します。
★利用航空会社 :エアーインディア航空(AI)予定 
★ビジネスクラス利用追加料金 :228,000円 (成田⇔デリー間)
★食事 :朝食6回、昼食6回、夕食6回 *機内食を除く
★利用予定ホテル :各都市 日程表記載のホテルクラス (デラックスクラス)
★個室追加料金 :88,000円(6泊分)
★申し込み方法  :申込書をご記入いただき、日新航空サービス㈱へFAXか郵送にてお送りください。
 *インド旅行には旅券(残存有効期間6ヶ月以上)の他にインド査証(ビザ)を取得する必要があります。
  査証の申請・取得の手続きは全て当社にて行います(別料金)。 
  【申込先/お問合せ】TEL03-5358-1661/1682 FAX03-5358-1690 担当:菅原・晝間


  • マンセル遺跡


  • ナグプール「ディークシャーブーミ」


  • ナ-ガールジュナコンダ遺跡

 =旅へのお誘い=
知られざる大地・南インドに謎の巨大遺跡と仏教中興の祖・龍樹の故郷を訪ねて
南インド8日間(ハイデラバードにナーガールジュナコンダ遺跡を、ナグプールにマンセル遺跡を、ニューデリーにインド一の美しい仏像を求めて)
 今回の私たちの旅のテーマは西暦150~250年頃の南インドの高僧・ナーガールジュナ【漢訳仏典では「龍樹〈りゅうじゅ〉」 】とその故郷です。 
おそらく「龍樹」は、ブッダ(お釈迦さん) と並んで私たち日本人にとって、とても関係の深い方だと思われます。 梅原猛さんは「お釈迦がなくなって五百年ほど後に龍樹という人が現れて、新しい仏教を始めました。仏教の革新派です、その人たちは、自分たちの仏教を「大乗〈だいじょう〉」、つまり大きな乗物と呼びました。」と記しています。
日本でも中国でも『八宗の祖師〈はっしゅうのそし〉』とあがめられていますし、『第二のブッダ(お釈迦さん)』とも呼ばれる由縁です。 その伝記は「龍樹」の二百年後ぐらいに生まれた亀茲王国(現・クチャ)の僧・鳩摩羅什訳『龍樹菩薩伝』のみ、と言っても過言ではありません。しかし不思議なことに、"訳"なのに、その"原典"がインドにないのです。今も殆ど謎に包まれた人物なのです。

そこで、今回の旅は、その謎に少しでも迫るために、次の四つのアプローチを試みてみたいと思うのです。

 〇先ずその(1)です。-――インド南部の"インドにおけるシリコン・バレー"としてIT産業を中心に躍進中の都市・ハイデラバードです。その近くに「ナーガールジュナ・コンダ(龍樹の丘)と呼ばれる遺跡があります。これまで晩年の「龍樹」が坐禅と瞑想に時を過ごした処だと伝えられてきました。1954~1960年、遺跡がダム湖に水没するため、大規模な発掘調査が行われ、多くの遺構と文物が出土。現在ダム湖に浮かぶ島に建設された「考古学博物館」に展示されています。 これが一つ目の"手掛かり"です。

 〇その(2)-――謎の高僧・「龍樹」を知るための、最近になってわかってきた、二つ目の"手掛かり"
です。奈良・法隆寺金堂壁画の源流の一つとされる「蓮華手菩薩」のある、アジャンタ石窟から北東へ370キロほど、「龍」の「宮殿」という意味の名前をもつ都市・「ナグプール」があります。この地には1967年(昭42年)32歳の時、見たことも聞いたこともない町、「ナグ・プール」に飛び込み、以来数回の一時帰国を除けば帰国することなく、インド仏教の復興に、一身を捧げてきた日本人僧侶-―佐々井秀嶺師(1935年岡山生まれ 今年84歳)がいます。 1967年霊鷲山〈りょうじゅせん〉で知られるインド・ラージギルにある妙法寺に泊った、ある満月の深更。突然金縛りにあった佐々井さんの前に、白髪白髭〈はくはつはくし〉の大柄な老僧が立った。大音声で、こう言ったという。≪我は龍樹なり、汝速やかに南天龍宮城〈なんてんりゅうぐうじょう〉に行け。南天龍宮城は我が法城なり、我が法城は汝が法城。汝が法城は我が法城。汝速やかに南天龍宮城へ行け、南天鉄塔〈なんてんてっとう〉またそこにあらんかな。≫ 妙法寺の住職に聞くと、それは、「ナグ・プール」だという。佐々井さんは、直行したと言う。
-――「ナグ・プール」とは、直訳すれば、「龍」の「宮城」という意味でした。ここは、1956年にナグ・プールの出身で当時、法務大臣だったアンベートカル博士(1891~1956)が、カーストの
身分差別を廃止する、新しい「憲法」の草案を書き終え、そのためには仏教の信者になる以外に道はない! と、町の広場で50万人の市民とともに、仏教への「大改宗」をした処だったのです。 佐々井師は、以来、その身命を投げうって、「ナグ・プール」とインドの、仏教復興に尽力。1988年遂にインド国籍をとり、≪アーリア・ナーガールジュナ≫となる。 1992年『ブッダガヤ大菩提寺奪還運動』を立ちあげ、リーダーとなり、ブッダガヤまでの大行進デモ、座り込み、断食と次々に断行。  2012年その是非をインド最高裁に提訴。2018年本格審査始まる。-――今、インドでは、改宗の動きが活発で、仏教人口は1億人を数えるとも言われるほどです。
佐々井秀嶺師に聞いてみたい。≪インド社会における仏教思想とその可能性≫について、そして
≪ナーガルージュ(龍樹)≫について・・・・・
 
 〇その(3)は、仏教復興運動と同時に尽力してきた、「ナグ・プール」における、ナーガールジュナ(龍樹)関連遺跡の発掘についてです。
  佐々井師は、霊鷲山・妙法寺における、白髪白髭〈はくはつはくし〉の老僧との神秘体験を信じて疑わなかったようです。老僧は龍樹菩薩であり、その際の霊告に出てくる、『南天鉄塔』とは、南インドの鉄塔(鉄でできたように強い仏塔)であり、『南天龍宮城』は南インドにある宮城だと考えました。
  「ナグ・プール」の町を囲むように、なだらかな丘陵地帯がひろがる。地元の人達は、≪ナーガールジュナ山脈≫と呼ぶ。 佐々井師の心は決った。発掘の許可を申請し、基金を集め、見解を同じくする考古学者を探し、大勢の発掘者を集め、発掘を開始したのです。 その結果佐々井師は、二つの仏塔と三層の階層を持つ巨大な遺跡を発見しました。そして、これこそ龍樹の南天龍宮城、南天鉄塔であり、2Cから5,6Cにかけての王城、僧房、貴族たちの住居跡であると断定。「マンセル遺跡」と命名しました。この間の事情は、2006年5月TBS「世界不思議発見―インド巨大石窟に封印された伝説の都を求めて」で紹介され、大きな評判を呼びました。私達は、この大きな手掛かり-――2C頃の王の印章(印鑑)などの発掘文物をもとに、本当にそう言えるのか?担当考古学者に確かめてみたいのです。

 〇そして、その(4)-―― 些か手前勝手な話で、皆様へのご報告の域を出ないかもしれません。 この6年 "インドで最も美しい仏像"の見学申請を出してきましたが、今回、それが可能となったようです。場所はインド大統領官邸のエントランスです。 像は、写真で見る限り、4世紀~5世紀のマトゥラーで制作された、仏立像。丈六(5メートル前後)の大像のようです。気品のあるお顔の表情には、中村元博士の『捲毛が美しく、耳たぶが長く垂れ、半眼の眼がしずかに静かに下を眺めている。優美なひだは、波状紋を示して、透明にすけて見えるようだ。』-―マトゥラー仏の特徴そのもののようです。 そして、この傑作とも言えるマトゥラー仏立像には、ナーガールジュナ(龍樹)の仏教思想が、色濃くこめられているような気がしてなりません。
  
                                           中村清次


中村清次先生

中村清次先生 プロフィール

東京大学文学部西洋史学科卒業後、1962年NHK入局。編成部、番組制作局などを歴任し、1979~81年に「NHK特集‐シルクロード」 を担当。 当時この特集番組は大きな反響を呼び、芸術祭優秀賞、菊池寛賞など数々の賞を受賞した。 2010年春まで福山大学客員教授、聖心女子大学非常勤講師を勤め、

現在はNHKカルチャー(シルクロード) 担当講師として活躍中。

お問合せ:
担当:日新航空サービス(株) 菅原・晝間 TEL 03-5358-1661
旅行企画・実施:日新航空サービス株式会社

旅行概要・日程表

旅行期間

2020年2月22日(土)~2月29日(土) 8日間

集合/解散

成田空港集合・解散

日数

8日間

旅行代金(大人お1人様)

おひとりさま 428,000円(NHK文化センター会員・一般)


◎旅行条件<募集要項>
★旅行代金:おひとり様 428,000円(NHK文化センター会員・一般)
※ 旅行代金には成田空港施設使用料、現地空港税、燃油特別付加運賃、航空保険料は含まれておりません。
(2019年7月時点の参考価格=合計17,800円) 
なお、この金額は航空券発券時の為替レート、燃油価格により変動します。 
この料金は最終のご請求書にて一括請求させていただきますので予めご了承下さい。
★最少催行人員 :15名様  
★募集締切 :2020年1月10日(金曜日)
但し、個室希望が多く確保済みの部屋が満室になり次第締め切らせて頂きます。また、お一人様でご参加の場合、相部屋が確保出来ない時には個室追加料金をご請求させて頂きます。予めご了承下さい。
★添乗員 :成田国際空港より帰国まで1名同行致します。
★利用航空会社 :エアーインディア航空(AI)予定 
★ビジネスクラス利用追加料金 :228,000円 (成田⇔デリー間)
★食事 :朝食6回、昼食6回、夕食6回 *機内食を除く
★利用予定ホテル :各都市 日程表記載のホテルクラス (デラックスクラス)
★個室追加料金 :88,000円(6泊分)
★申し込み方法  :申込書をご記入いただき、日新航空サービス㈱へFAXか郵送にてお送りください。
 *インド旅行には旅券(残存有効期間6ヶ月以上)の他にインド査証(ビザ)を取得する必要があります。
  査証の申請・取得の手続きは全て当社にて行います(別料金)。 
  【申込先/お問合せ】TEL03-5358-1661/1682 FAX03-5358-1690 担当:菅原・晝間

日次 日付スケジュール 食事
1 2/22
(土)
[09:30]成田空港集合 [11:30]成田発エアーインディア直行便にて一路デリーへ(約9時間15分)
[18:00]デリー着  専用バスにてホテルへ。
                    宿泊:デリー ロージエットホテルクラス


2 2/23
(日)
[午前] 空路、国内線にてハイデラバードへ(約2時間10分)
着後、専用車にて、八宗の祖・ナーガールジュナ(龍樹菩薩)が晩年止住した地、ナーガールジュナコンダへ。(145km 約3時間30分)
[夕刻] ホテル着
ホテルにて中村先生の特別講座
      宿泊:ナーガールジュナコンダ ハリタビジェイビハーラホテルクラス


3 2/24
(月)
[午前] 「ナーガールジュナ遺跡」 見学 *イクシュヴァーク朝時代(AD1~2世紀)、南インド仏教文化の中心地でしたが、クリシュナ河に建設されたダムにより多くの遺跡群は水没、主要な遺構はダム湖の島に移設されており、ボートで島に渡り見学します。)
[午後] ナーガールジュナコンダ観光 (ナーガールジュナ博物館見学 ・ エテゥオイタラ滝)
      宿泊:ナーガールジュナコンダ ハリタビジェイビハーラホテルクラス


4 2/25
(火)
[午前] 専用車にてハイデラバードへ(145km 約3時間30分)
[午後] ハイデラバード市内観光(チャルミナール、サーラル・ジャング博物館、フセインサーガル湖の大仏 等)
[夕刻] ホテル着
             宿泊:ハイデラバード タージクリシュナホテルクラス


5 2/26
(水)
[午前] 国内線にて空路ナガプールヘ(経由便)
[午後] ナグプール観光
[ディークシャーブーミ(60万人が集団改宗を行った場所)・インド中心の柱・仏教寺院]

                  宿泊:ナグプール ラディソンホテルクラス


6 2/27
(木)
[終日] マンセル遺跡 見学(片道 40Km  約1時間10分)
日本人僧侶の佐々井秀嶺先生が発見し、10年もの月日をかけて発掘をした仏教遺跡
(佐々井秀嶺先生に案内いただく予定 *注2ご参照)
                  宿泊:ナグプール ラディソンホテルクラス


7 2/28
(金)
[午前] 国内線にて空路デリーヘ
[午後] インド大統領官邸を見学(マトゥラー仏像・千手観音像像の見学)
その後空港へ
[21:15]デリー発 空路、エアーインディア直行便にて帰国の途へ(約8時間)
                                  【機内泊】


8 2/29
(土)
[08:00] 成田空港着、 入国・通関手続きを経て解散


※(注1)上記記載の国際線、国内線の便名・発着時刻は、予定されるものを記載しておりますが変更になる場合もございます。
※(注2)佐々井秀嶺先生は高齢の為、体調不良等によりマンセル遺跡(2/27)に同行出来なくなる場合もございます。
お問合せ:
担当:日新航空サービス(株) 菅原・晝間 TEL 03-5358-1661
旅行企画・実施:日新航空サービス株式会社

おすすめツアー・講座

今回限定の特別講座です。この機会に是非、体感して下さい。

目的で選ぶ
現地講座

一流の講師による多彩な講座をご用意して、あなたの興味や好奇心に応えます。

メルマガ会員登録

お得な情報満載のメルマガ登録はこちら

新規登録

会員登録情報の変更等はこちら

ID

パスワード

最新のツアー・講座情報
  • 2018/08/06
    2018年秋からの旅座ツアーを掲載開始しました。 今シーズンも魅力的な講師と楽しく、また興味深いツアーが目白押しです。 是非ご参加下さい~

このページの先頭へ戻る