旅座トップ > 世界遺産

旅座 世界遺産

nhkカルチャー

国内・海外を問わず、「NHK文化センターだからこそ」ご案内できる企画・講座を開催しています。
人生をもっと楽しく、そして豊かなものにすることをお手伝いできればと思っています。

世界遺産

元NHKシルクロード取材班団長中村清次先生と行くシルクロードシリーズ2019

おもしろシルクロード

インド・デカン高原に、奈良・法隆寺金堂壁画のルーツを探る

~西インド,ゆっくりゆっくり8日間・・・アジャンタ・エローラ・カンヘリー・エレファンタ島石窟寺院を中心に~

西インド8日間(アジャンタ・エローラ・カンヘリー・エレファンタ島・ムンバイ)

◎旅行条件<募集要項>
★旅行代金:おひとり様 418,000円(NHK文化センター会員・一般)
※ 旅行代金には成田空港施設使用料、現地空港税、燃油特別付加運賃、航空保険料は含まれておりません。
(2018年7月時点の参考価格=合計17,310円) 
なお、この金額は航空券発券時の為替レート、燃油価格により変動します。 
この料金は最終のご請求書にて一括請求させていただきますので予めご了承下さい。
★最少催行人員 :15名様  
★募集締切 :平成31年1月10日(木曜日)
但し、個室希望が多く確保済みの部屋が満室になり次第締め切らせて頂きます。また、お一人様でご参加の場合、相部屋が確保出来ない時には個室追加料金をご請求させて頂きます。予めご了承下さい。
★添乗員 :成田国際空港より帰国まで1名同行致します。
★利用航空会社 :エアーインディア航空(AI)予定 
★ビジネスクラス利用追加料金 :208,000円 (成田⇔デリー間)
★食事 :朝食6回、昼食6回、夕食6回 *機内食を除く
★利用予定ホテル :各都市 日程表記載のホテルクラス (デラックスクラス)
★個室追加料金 :88,000円(6泊分)
★申し込み方法 :申込書をご記入いただき、日新航空サービス㈱へFAXか郵送にてお送りください。
*インド旅行及びネパール旅行には旅券(残存有効期間6ヶ月以上)の他にインド査証(ビザ)を取得する必要があります。査証の申請・取得の手続きは全て当社にて行います(別料金)。
  【申込先/お問合せ】TEL03-5358-1680/1682 FAX03-5358-1690 担当:菅原・山崎

みどころピックアップ
  • サムネール01
  • サムネール02
  • サムネール03

アジャンタ石窟(世界遺産)

詳細・お申込はこちら

エローラ石窟(世界遺産)

詳細・お申込はこちら

エローラ石窟(世界遺産)

詳細・お申込はこちら

= 旅へのお誘い =
インド・デカン高原に、奈良・法隆寺金堂壁画のルーツを探る
~西インド,ゆっくりゆっくり8日間…アジャンタ・エローラ・カンヘリー・エレファンタ島石窟寺院を中心に~

我が国の古代奈良の都・飛鳥から、西へ直線距離で、およそ6,500キロ……つい最近まで、法隆寺・金堂壁画のルーツではないか、と考えられてきた、仏教の石窟寺院があります。 それが、広大なインド大陸の中央部・『デカン高原』を、切り裂いて流れるワゴーラ河("ワゴーラ"とは、現地の言葉で"虎"の意)にそそり立つ、断崖絶壁にうがたれた、あの世界遺産・世界最古の石窟の一つ『アジャンタ仏教石窟寺院』なのです。
奈良・法隆寺の金堂壁画・第5号壁・第4号壁の、手に蓮の華を捧げ持つ『観音菩薩像』に似て、『アジャンタ石窟』の第1石窟の壁面に描かれた傑作『観音菩薩像』も、全く同じように、その手に蓮の華を捧げ持つ『蓮華手(観音)菩薩』だからです。 その静かなたたずまいは、本当に、よく似ておいでなのです。
実は、インド大陸には、その中央から南へ向かって、逆円錐形にひろがる広大な台地、デカン高原が展開しています。そのデカン高原は、実に多くの石窟寺院があることで知られています。ざっとその数1200ヶ所。うち、仏教寺院が75%。おびただしい程の、仏教石窟寺院の数です。 古いものは、『アジャンタ石窟』のように、前2~3世紀につくられ、インド仏教が、ヒンズー教に取って代わる7~8世紀頃まで造営されてきました。
ところで、やがて、インドから北へと向かった『大乗仏教』は、"石窟寺院という様式"を、アフガニスタンを中心に中央アジアへ、そして今度は、向きを東へと変え天山山脈南麗のオアシス・クチャのキジル石窟・クムトラ石窟へ。更に、敦煌莫高窟から炳霊寺、麦積山石窟へと向い、雲岡・龍門石窟を経て、朝鮮半島から、我が国の奈良・飛鳥へとつながった、と考えられているのです。
今回の旅は、皆さんとご一緒に、地上最古のそして代表的な仏教石窟寺院『アジャンタ』を中心に、『エローラ』・『ピタルコーラ』・『カン,ヘーリー』、そして、『エレファンタ島石窟』を訪ね、我が国から遥か5,600キロも離れたデカン高原に、『飛鳥・法隆寺の源流』を探してみたいと思うのです。
                                              中村清次

中村清次先生

中村清次先生 プロフィール

東京大学文学部西洋史学科卒業後、1962年NHK入局。編成部、番組制作局などを歴任し、1978~81年に「NHK特集‐シルクロード」 を担当。 当時この特集番組は大きな反響を呼び、芸術祭優秀賞、菊池寛

賞など数々の賞を受賞した。 2010年春まで福山大学客員教授、聖心女子大学非常勤講師を勤め、

現在はNHKカルチャー(シルクロード) 担当講師として活躍中。

おすすめツアー・講座

今回限定の特別講座です。この機会に是非、体感して下さい。

目的で選ぶ
現地講座

一流の講師による多彩な講座をご用意して、あなたの興味や好奇心に応えます。

メルマガ会員登録

お得な情報満載のメルマガ登録はこちら

新規登録

会員登録情報の変更等はこちら

ID

パスワード

最新のツアー・講座情報
  • 2018/08/06
    2018年秋からの旅座ツアーを掲載開始しました。 今シーズンも魅力的な講師と楽しく、また興味深いツアーが目白押しです。 是非ご参加下さい~

このページの先頭へ戻る