旅座トップ > 世界遺産

旅座 世界遺産

nhkカルチャー

国内・海外を問わず、「NHK文化センターだからこそ」ご案内できる企画・講座を開催しています。
人生をもっと楽しく、そして豊かなものにすることをお手伝いできればと思っています。

世界遺産

元NHKシルクロード取材班団長中村清次先生と行くシルクロードシリーズ2018

おもしろシルクロード

じっくり敦煌 6泊 「砂漠の中の大画廊・敦煌莫高窟」を徹底探訪

敦煌8日間(莫高窟・楡林窟・玉門関・魔鬼城)

◎旅行条件<募集要項>
●旅行期間   :2018年6月20日(水)~6月27日(水)7泊8日間 
●発着地    :羽田空港発着  *地方よりご参加の場合はお気軽にご相談ください。
●旅行代金   :お一人様 398,000円(会員・一般))
※ 旅行代金には羽田空港施設使用料、現地空港税、燃油特別付加運賃、航空保険料は含まれておりません。
(2018年1月時点の参考価格=合計10,900円) 
なお、この金額は航空券発券時の為替レート、燃油価格により変動します。この料金は最終のご請求書に
て一括請求させていただきますので予めご了承下さい。
※敦煌 莫高窟には有料な特別窟がございます。旅行代金には特別有料窟3窟分を入場する費用は含まれておりますが、それ以外の特別窟に入場する場合は別途費用が発生いたします。どの特別窟を合計何窟入るかは、中村先生のご意見及び予約状況により6月初旬頃決定いたします。
●最少催行人員  :15名様
●募集締切    :2018年5月18日(金曜日)
但し、個室希望が多く確保済みの部屋が満室になり次第締め切らせて頂きます。また、お一人様でご参加の場合、相部屋が確保出来ない時には個室追加料金をご請求させて頂きます。予めご了承下さい。
●添乗員     :羽田国際空港より帰国まで1名同行致します。
●利用航空会社  :中国国際航空(CA)予定
●食事      :朝食7回、昼食6回、夕食7回*機内食を除く
●利用予定ホテル :各都市 日程表記載のホテルクラス (デラックスクラス)
●個室追加料金  :63,000円(7泊分)
●申し込み方法  :申込書をご記入いただき、日新航空サービス㈱へFAXか郵送にてお送りください。
*中国の渡航には、帰国時に残存有効期間6ヶ月以上の旅券(パスポート)が必要です。お持ちでない場合は旅券申請手続きをお願いいたします。
 【申込先/お問合せ】TEL03-5358-1680/1682 FAX03-5358-1690   担当:菅原・遠藤・山崎

みどころピックアップ
  • サムネール01
  • サムネール02
  • サムネール03

敦煌莫高窟 *世界遺産

詳細・お申込はこちら

敦煌(鳴砂山)

詳細・お申込はこちら

莫高窟 壁画

詳細・お申込はこちら

 =旅へのお誘い =
敦煌6泊━『砂漠の中の大画廊・敦煌莫高窟』を徹底探訪

この旅行―シリーズ企画「シルクロードを行く」は、ここ数年、「中国内シルクロード・西域の旅」をお休みしてきました。しかし、今年から、また復活させたい、と決意致しました。スタートは、敦煌からです。
町から南東へ25キロ、砂漠の丘陵・「鳴沙山」の断崖に穿(うが)たれた、美しい壁画と仏像を持つ492の石窟。四方を砂漠に囲まれ、いわば辺境の地に誕生した「敦煌莫高窟」は、それ故に『砂漠の中の大画廊』『仏教美術の宝庫』と呼ばれる奇跡の世界遺産なのです。
その「敦煌」が、ここ数年、大変貌を遂げているというのです。 町の中央には、水量豊かに川が流れ、最近まで、秘境の中の秘境とまで言われた、「玉門関」から西へ100キロの地点―かつて五世紀初めの僧・法顕が≪空に飛ぶ鳥なく、地には走る獣もない…≫と記した、「古代ローラン王国への道」の入口あたり━ここが今や、観光地と化し、評判を呼んでいる、と言うのです。 風の作った造型「風化土堆(ふうかどたい)詳・魔鬼城」です。また、町の真ん中にあった、ローカル色豊かな小さな「博物館」が、巨大化リニューアルして展示文物が抜群に増えたなど、さまざまな噂が伝わってきました。
しかし、何よりも大きな変化は、「莫高窟」観覧の仕方です。従来の各石窟を、1窟当り10数分かけて巡る方式は、壁画の褪色や剥落をおこすとして、4K、8Kの高画質の石窟映像を、巨大スクリーンで見て、その後に石窟を巡る。一つの窟は、数分で観覧する━つまり、観覧時間を少なくして、壁画を保護しようと言う方針なのです。
そこで従来の方式で、ゆっくりと、たっぷりと、一窟一窟を観覧できる可能性があるうちに、重要な石窟は、この目にしっかりと留めておきたい。今回の、「敦煌莫高窟」探訪の狙いは、実はここにあったのです。探訪の核心は、三日をかけて、「莫高窟」を探訪することです。一日のスケジュールは、午前中はホテル内講座、午後は、その座講にそった莫高窟での壁画鑑賞。ホテル帰館後は、必要に応じた「質疑応答」。
ホテル内座講のテーマは:
○壁画で辿る、「敦煌」の簡略史
○「莫高窟」最盛期・唐代初期の傑作の数かずとその特長
○奈良・「飛鳥仏」の源流を、「莫高窟」に探る        ━などを考えております。
ところで、辺境の地・敦煌が、『世界の敦煌』として羽ばたくのは、1900年、住職でもあった王円?による、第17窟・謎の「蔵経洞」の発見と、スタインとぺリオによる、世界への発信でした。
その結果、「莫高窟」は最大限の讃辞の中で、≪砂漠の中の大画廊≫≪仏教美術の宝庫≫と呼ばれるようになりました。今回の探訪の旅で、この奇跡の世界遺産に対し、皆様方のご理解が深まり、同時に、日本の仏教が、間違えなく、この地・敦煌を経て伝わって来たのだと言うことを、実感していただけるなら、こんな嬉しいことはありません。
                                              中村清次

中村清次先生

中村清次先生 プロフィール

東京大学文学部西洋史学科卒業後、1962年NHK入局。編成部、番組制作局などを歴任し、1978~81年に「NHK特集‐シルクロード」 を担当。 当時この特集番組は大きな反響を呼び、芸術祭優秀賞、菊池寛

賞など数々の賞を受賞した。 2010年春まで福山大学客員教授、聖心女子大学非常勤講師を勤め、

現在はNHKカルチャー(シルクロード) 担当講師として活躍中。

おすすめツアー・講座

今回限定の特別講座です。この機会に是非、体感して下さい。

目的で選ぶ
現地講座

一流の講師による多彩な講座をご用意して、あなたの興味や好奇心に応えます。

メルマガ会員登録

お得な情報満載のメルマガ登録はこちら

新規登録

会員登録情報の変更等はこちら

ID

パスワード

最新のツアー・講座情報
  • 2017/08/09
    2017年秋からの旅座ツアーを掲載開始しました。 今シーズンも魅力的な講師と楽しく、また興味深いツアーが目白押しです。 是非ご参加下さい~

このページの先頭へ戻る